家族の中で私だけ毛深い

家族の中で、私のみ毛深いのが悩みの種でした。両親、姉妹はさほど毛深くないのに、何故私のみ?と、子供の頃から不思議でなりませんでした。

特に両腕が毛深いのが、嫌でした。幼い頃は自分の毛深さに気づかずに、無邪気に過していましたが、小学校に入り周りの友達と比較すると、明らかに
自分の毛深さに驚き、私は普通の人より毛深いんだという事に、初めて気づかされました。

まず、夏になると半そでになり、腕が露出する事になります。そうすると、いやおうなく私の腕の毛深さが露呈します。クラスの友達からは、「うわ~○○ちゃんの腕、すごいね~!!ちょっとさわらせて」と一人が言うと、周りの友達が次々とその言葉に反応し、「え~私も、私も」「きゃ~次は私よ~」と絶える事なく、私の腕の毛並みさわりが延々と続く事になります。

そして、プールの授業が最悪でした。プールの授業ですから、服装が水着になります。水着といえば、両腕、両足が丸出し、丸見えの状態になります。
私は、両腕のみだけではなく、両足も、とても毛深い状態でした。ですから、水着になると、両腕、両足の毛深さが隠しようもなく、全てあらわになってしまうのです。

そして、その両腕、両足は、風が吹くと、まるで草原のようにふさふさと風にたなびくのです。水着の色は黒色に近い紺色でしたが、水着の部分以外の肌が出ている

部分は、皆肌色でした。私のみ、水着以外の肌が出ている部分も、黒色でした。何故かというと、もちろん、両腕、両足が毛深いので、遠めに見ると肌の部分が黒く見えるのです。

それからプールの中に、水の中に入っても悪夢は続きます。水の中に入ると今度は、水面にゆらめく海草のごとく、ゆらゆらと両腕の毛並みが引き立ち、プールから出ると、濡れて、光沢、輝きをました状態になるので、両腕の毛並みがより、さらに人目を引く状態になるのです。

乾いた状態でも、十分に目立つ状態なのに、濡れて、よりさらに、一段と人目を引く状態になってしまうのです。どうにかして、今の状態から抜け出したいと思っていました。

母親に相談したところ、「脱毛したら良いんじゃない!」という軽~いアドバイスの元に、地元名古屋の脱毛を調べてみることに。医療脱毛が効果が強そうなので、母にお金を出してもらって通おうと思っています(゚Д゚;)

※参考・・・安全で安いクリニック※ヒロミが教える名古屋の医療レーザー脱毛情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です