未分類」カテゴリーアーカイブ

男でもヨガ教室に通ってみたい

僕は最近テレビで偶然ヨガをしているある女性を見て純粋にかっこいい、キレイだと思いヨガ教室に通いたいと思うようになりました。

その女性はヨガを通して長年のコンプレックスであったぽっちゃり体型を克服して、自分に自信が持てるようになったと語っていました。ヨガで人生を変えたことにとても感銘を受けたことを覚えています。

僕は体型としてはそんなに太っていることはないのですが、昔から姿勢が悪く今でも無意識のうちに猫背になっていることもあります。たまに人から指摘されて、かなり姿勢悪いのかなあと落ち込むこともあります。

お風呂上がりにはいつも前屈や開脚などストレッチを5年くらい毎日続けているのですが、ある一定のラインから体が柔らかくならなくなりました。一般の人よりは体は柔らかいと思いますが、自分の思うようには柔軟な体になれていません。

ヨガをしている人を見ていると、皆ボディラインがキレイだといつも思います。ヨガをすることで血液循環が良くなったり、ストレスを軽減したり、痩せたり、そして自信も出てくる、ヨガによって素晴らしいサイクルが出来ているのかなあと感じます。

僕はヨガ教室に通いたいのですが、一つ思うのがヨガ教室はやはり女性が圧倒的に多いと感じます。別にそれが悪いとかではないのですが、やはりちょっとヨガに行くのが恥ずかしいという気持ちもあります。

ですので、女性だけでなく男性も楽しめるようなアットホームで雰囲気の良いヨガ教室だと嬉しいです。そしてヨガに通う皆さんが真剣に美を追求し、講師の方も分かりやすく丁寧にヨガの正しい姿勢や、それ以外に美容の知識を教えてくれる、そういったヨガ教室に通いたいと思います。

新潟で男性も通えるヨガ教室を探すと、LAVAというヨガスタジオがありました。今度見学に行ってみようと思います(^^)/

家族の中で私だけ毛深い

家族の中で、私のみ毛深いのが悩みの種でした。両親、姉妹はさほど毛深くないのに、何故私のみ?と、子供の頃から不思議でなりませんでした。

特に両腕が毛深いのが、嫌でした。幼い頃は自分の毛深さに気づかずに、無邪気に過していましたが、小学校に入り周りの友達と比較すると、明らかに
自分の毛深さに驚き、私は普通の人より毛深いんだという事に、初めて気づかされました。

まず、夏になると半そでになり、腕が露出する事になります。そうすると、いやおうなく私の腕の毛深さが露呈します。クラスの友達からは、「うわ~○○ちゃんの腕、すごいね~!!ちょっとさわらせて」と一人が言うと、周りの友達が次々とその言葉に反応し、「え~私も、私も」「きゃ~次は私よ~」と絶える事なく、私の腕の毛並みさわりが延々と続く事になります。

そして、プールの授業が最悪でした。プールの授業ですから、服装が水着になります。水着といえば、両腕、両足が丸出し、丸見えの状態になります。
私は、両腕のみだけではなく、両足も、とても毛深い状態でした。ですから、水着になると、両腕、両足の毛深さが隠しようもなく、全てあらわになってしまうのです。

そして、その両腕、両足は、風が吹くと、まるで草原のようにふさふさと風にたなびくのです。水着の色は黒色に近い紺色でしたが、水着の部分以外の肌が出ている

部分は、皆肌色でした。私のみ、水着以外の肌が出ている部分も、黒色でした。何故かというと、もちろん、両腕、両足が毛深いので、遠めに見ると肌の部分が黒く見えるのです。

それからプールの中に、水の中に入っても悪夢は続きます。水の中に入ると今度は、水面にゆらめく海草のごとく、ゆらゆらと両腕の毛並みが引き立ち、プールから出ると、濡れて、光沢、輝きをました状態になるので、両腕の毛並みがより、さらに人目を引く状態になるのです。

乾いた状態でも、十分に目立つ状態なのに、濡れて、よりさらに、一段と人目を引く状態になってしまうのです。どうにかして、今の状態から抜け出したいと思っていました。

母親に相談したところ、「脱毛したら良いんじゃない!」という軽~いアドバイスの元に、地元名古屋の脱毛を調べてみることに。医療脱毛が効果が強そうなので、母にお金を出してもらって通おうと思っています(゚Д゚;)

※参考・・・安全で安いクリニック※ヒロミが教える名古屋の医療レーザー脱毛情報

マスキングテープ

私の最近の趣味はマスキングテープ集めです。マスキングテープが好きすぎてマスキングテープ専門店をオープンすることになりました。

数年前の専業主婦時代はお小遣いは少なく、満足に買うことはできませんでした。

マスキングテープも100円ショップを中心に購入しており、一回に購入するのも普段は1~2コほどです。

しかし、この間普段いかない100円ショップに行ってみると、他のチェーン店ではもう売り切れていたと思いっていたものが大量に販売されていました。

普段なら悩んで厳選して購入をするのですが、今回ばかりは逃したらもう2度と購入できないのではないかという恐怖に駆られ、欲しいものを片っ端から購入してしまいました。

金額にしてほんの数千円くらいですが、手に入れた満足感とともに、無駄遣いだったかなとちょっと後悔しました。

そして無駄遣いと言えば、5年目を迎えた結婚記念日に買ったネックレスが無駄遣いだったと今でも後悔しています。

正確に言えば主人に買ってもらったものなのですが、夫婦のお金からの出費なのでやはり無駄遣いかなと思います。

そもそも結婚記念日に何かお祝いをする習慣はなかったのですが、記念日を理由に主人の欲しいものを買うという方向に話が進んでいました。

私は特別欲しいものがなかったので、いらないとあらかじめ言っておきました。

それなのに、主人が欲しいと言っていたブランド物をデパートで購入した後、自分だけ買ってもらって悪いと思ったのか、アクセサリー売り場へ移動して店員さんと勝手に話をつけてネックレスを購入しだしました。

近くにいた私はいらないと何度も言ったのですが、聞き入れてもらえず、なぜか支払いは私の財布から。

お金の管理は私に任せてもらっていたので、そうなりますよね。

デパートで本気のケンカになりそうだったので、私が折れましたが、42000円するネックレス、勿体無いとしか思えません。

主人は満足そうでしたが、アクセサリーをあげれば女性は喜ぶという安易さに腹が立ちました。

結局この時の買い物があだとなり、生活費に大きくダメージが。。。

だから、ネックレスなどいらないといったのに。4万もするネックレスを買ってくれるぐらいなら、100円のマスキングテープを10個買ってもらった方が嬉しいですよ!!なんて時もありましたね。